阪神文化論

川本皓嗣, 松村昌家 編

[目次]

  • 歌枕の詩学-津の国・難波・芦屋
  • 松瀬青々論
  • 谷崎潤一郎と阪神間そして三人の妻
  • 「記憶の場」としての『吉野葛』
  • 桜と桜守-笹部新太郎を中心に
  • 昭和初期の神戸における青年団運動について
  • A.B.ミットフォードと神戸事件-事件・ハラキリ・武士道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阪神文化論
著作者等 川本 皓嗣
松村 昌家
書名ヨミ ハンシン ブンカロン
シリーズ名 大手前大学比較文化研究叢書 5
出版元 思文閣
刊行年月 2008.4
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1398-6
NCID BA85675406
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21440292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想