近世仏教思想の独創

西村玲 著

異端の学僧か、近代仏教の源泉か、-江戸の中期、律僧普寂は富永仲基に代表される科学的合理主義といかに対峙したか。仏教堕落史観や政治思想中心主義を超えて、近世から近代に連なる新たな思想史の構築を目指す俊英の力作論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近世思想史における仏教の意義
  • 第2章 僧侶普寂-その生涯(一七〇七‐一七八一)
  • 第3章 聖俗の反転-出定如来・富永仲基
  • 第4章 現世の解体-須弥山説論争と普寂
  • 第5章 教判を生きる-普寂の大乗仏説論
  • 第6章 蚕の声-律僧の禁絹論
  • 第7章 非布非絹-絹衣論の展開
  • 第8章 不退の浄土-普寂の大乗論
  • 第9章 檀林の定法-近世浄土教団における戒律観の変遷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世仏教思想の独創
著作者等 西村 玲
書名ヨミ キンセイ ブッキョウ シソウ ノ ドクソウ : ソウリョ フジャク ノ シソウ ト ジッセン
書名別名 僧侶普寂の思想と実践

Kinsei bukkyo shiso no dokuso
出版元 トランスビュー
刊行年月 2008.5
ページ数 309, 7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-901510-60-8
NCID BA85879199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21422532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想