憲法四重奏

大津浩, 大藤紀子, 高佐智美, 長谷川憲 著

憲法の歴史から最新の問題に至るまで縦横に論じ、憲法とは何かをわかりやすく伝える好評テキスト。4人の著者の個性が見事に調和。内容を大幅に更新・増頁した待望のリニューアル版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私たちはどこまで自由か?-幸福追求と人権の限界
  • 個性的に、かつ対等に生きるということ
  • 心の中は誰にも支配されない
  • 伝えたいことがあるんだ
  • 市場経済の中で生きる
  • セーフティ・ネットのある社会
  • "罪"と"罰"の狭間で
  • 「保護」と「自律」の狭間で揺れる子どもの人権
  • 共に生きる社会をめざして
  • 私たちが真の主権者であるために
  • 国会と内閣の適切な関係を求めて
  • "身近"な裁判所が"公正"な裁判を保障するために
  • 憲法違反の法律を無効にする
  • 地域の未来は住民が決める
  • 世界の誰もが平和に生きる権利をもつ
  • なぜ憲法は論争の的とならなければならないのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法四重奏
著作者等 大津 浩
大藤 紀子
長谷川 憲
高佐 智美
書名ヨミ ケンポウ シジュウソウ
出版元 有信堂高文社
刊行年月 2008.4
版表示 第2版.
ページ数 14, 319p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8420-1062-5
NCID BA8576020X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21418260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想