マーク・ピーターセンの英語のツボ : Wit and foolishness in English

マーク・ピーターセン 著

オバマ、ベッカム、マイケル…名言/迷言が英語脳を刺激する。ワンランク上の英語を身につけるためのヒントがいっぱい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の「うそっぽさ」を表す英語-ホールデン・コールフィールド、「キャッチャー・イン・ザ・ライ」
  • 本物の結婚をするためのveryの便利な使い方-オードリー・ヘプバーン
  • ベッカムの間違い英語のおかしさ-デビッド・ベッカム
  • 日曜日の朝のクリントンと土曜日の夜のビルは同一人物か?-ディック・モリス
  • ブッシュ大統領のかなりヘンな英語-ジョージ・W・ブッシュ
  • 大統領スピーチのレトリックとは?-ジョージ・W・ブッシュ
  • apparentlyは「明らかに」という意味ではない-アンドリュー・コーエン
  • あなたではない"you"について-マイケル・ムーア
  • 英語で「釈迦に説法」と同じことを言うには-カーク・ハニカット
  • 「iPodの汚い秘密」を暴いた兄弟-ケイシー・オーウェン・ナイスタット〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マーク・ピーターセンの英語のツボ : Wit and foolishness in English
著作者等 Petersen, Mark
ピーターセン マーク
書名ヨミ マーク ピーターセン ノ エイゴ ノ ツボ
書名別名 Maku pitasen no eigo no tsubo
出版元 集英社インターナショナル : 集英社
刊行年月 2008.3
ページ数 175p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7976-7175-9
NCID BA85443251
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21403203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想