グローバル・ガバナンスの最前線 : 現在と過去のあいだ

遠藤乾 編

[目次]

  • グローバル・ガバナンスの最前線-現在と過去のあいだ
  • 第1部 グローバル・ガバナンスの現状把握(世界標準の形成
  • グローバル化のなかの東アジア地域金融協力
  • 重大犯罪処罰のグローバル化-国際刑事裁判所を軸として
  • 国境を越える感染症対策
  • 越境する親密圏?-グローバル・ハウスホールディングの時代)
  • 第2部 グローバル・ガバナンスの歴史分析(東アジアにおける自由貿易原則の浸透
  • 銀の世界-貨幣と一六世紀以降のグローバル経済
  • 国際保健の誕生-一九世紀におけるコレラ・パンデミックと検疫問題
  • 華僑・華人のネットワーク-中華総商会を中心に
  • インド人商人のネットワーク-広域秩序と雑貨・食糧品ビジネス)
  • 過去と現代のあいだ-グローバル・ヒストリーの視座から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル・ガバナンスの最前線 : 現在と過去のあいだ
著作者等 元田 結花
入江 昭
城山 智子
城山 英明
大石 高志
河島 さえ子
籠谷 直人
脇村 孝平
遠藤 乾
陳 来幸
書名ヨミ グローバル ガバナンス ノ サイゼンセン : ゲンザイ ト カコ ノ アイダ
シリーズ名 未来を拓く人文・社会科学シリーズ 7
出版元 東信堂
刊行年月 2008.3
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88713-816-2
NCID BA85378524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21404125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想