鉱毒に消えた谷中村

塙和也, 毎日新聞社宇都宮支局 編著

「谷中、銅山との戦なり。官憲之に加わりて銅山を助く。人民、死を以て守る。憲法を守り、自治の権を守り、祖先を守る。死を以て守る」足尾から渡良瀬川流域、さらに北海道へ、フィリピンへ、鉱毒事件を再検証する意欲的連載が完結。谷中村廃村から100年、足尾鉱毒事件は現代に何を投げかけているのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 谷中廃村
  • 第1部 廃村一〇〇年
  • 第2部 谷中の生活
  • 第3部 足尾のいま
  • 第4部 現代への教訓
  • 第5部 教育の現場
  • 第6部 識者に聞く
  • 第7部 フィリピンの現場で
  • 第8部 正造と北の大地

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉱毒に消えた谷中村
著作者等 塙 和也
毎日新聞社
毎日新聞社宇都宮支局
書名ヨミ コウドク ニ キエタ ヤナカムラ : タナカ ショウゾウ ト アシオ コウドク ジケン ノ ヒャクネン
書名別名 田中正造と足尾鉱毒事件の一〇〇年

Kodoku ni kieta yanakamura
出版元 随想舎
刊行年月 2008.2
ページ数 287p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88748-169-5
NCID BA85303456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21394665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想