マルクスとフランス革命

フランソワ・フュレ [著] ; 今村仁司, 今村真介 訳

マルクスの思想をそのエピゴーネンたちが作り上げたイマージから解放して、その思想が本来もっていた動きやその思想が提起した諸問題の回復を企図する。フランス革命に関するマルクスのテクストの断章31篇を収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 青年マルクスとフランス革命(一八四二‐一八四五年)
  • 2 一七八九年に直面する一八四八年のマルクス
  • 3 マルクスとフランスの謎(一八五一‐一八七一年)
  • マルクスのテクスト(「歴史法学派の哲学宣言」
  • 「マルクスのルーゲへの二つの書簡」
  • 『ヘーゲル法哲学批判』
  • 『ユダヤ人問題について』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクスとフランス革命
著作者等 Furet, François
今村 仁司
今村 真介
Furet Francois
フュレ フランソワ
書名ヨミ マルクス ト フランス カクメイ
書名別名 Marx et la Revolution Francaise
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 882
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.2
ページ数 337p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00882-5
NCID BA85027122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21418871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想