現代の俳句 : 昭和の芭蕉たち  続

志摩芳次郎 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 夏目漱石 / 9
  • 危篤におちいる
  • 忠実な門弟
  • 文人俳句の第一人者
  • 俳人のなかの小説家
  • われ生き得たり
  • 漱石の出身
  • 松山・熊本時代
  • 漱石の二つの顔
  • 芥川竜之介 / 38
  • 芭蕉に傾倒
  • 絶大の自信
  • 病的な感覚
  • リズムの美しさ
  • 火花のごとくに
  • 芥川の絶唱
  • 原石鼎 / 60
  • 第一期黄金時代
  • 吉野山の作品
  • 医者を志す
  • 危険人物
  • 再度の上京
  • 妓買はむ
  • かな女が見たし濃山吹
  • 新婚生活
  • 石鼎と秋桜子
  • 羽化登仙の境
  • 偉大であったその生涯
  • 富安風生 / 103
  • 晩年の大傑作
  • 俳句に憑かれて
  • 役人生活と袂別
  • 世評高い名作
  • 虚子のおとぼけぶり
  • 旅の俳句
  • 虚子一辺倒
  • 俳句史に残る名句
  • 恐るべき老人
  • 水原秋桜子 / 136
  • 吟遊詩人
  • 俳句結社と相撲部屋
  • 『ホトトギス』脱退
  • 虚子の絶対性ゆらぐ
  • 秋桜子の独り相撲
  • 阿波野青畝 / 157
  • 『万両』の世界
  • 生家の環境
  • 虚子門に入る
  • 客観写生あるのみ
  • 石鼎と泊月
  • 青畝の世界
  • 名作の数々
  • 葛城の青畝
  • 老優の名舞台
  • 中村汀女 / 193
  • 女流第一人者
  • 俳句を茶の間へ
  • 天成の美貌
  • 才気煥発
  • 横浜時代
  • 俳句史上の存在
  • 男まさり
  • 環境とともに
  • 川端茅舎 / 223
  • 花鳥諷詠真骨頂漢
  • 父からうけた芸術家の血
  • 絵と俳句
  • 天成の俳人
  • 茅舎浄土
  • 最後の生命の燃焼
  • 松本たかし / 247
  • 才子多病
  • 芥子の花
  • 松本家の浮沈
  • 能役者の家庭
  • 俳句のパトロン
  • 藪の中の家
  • 芸術上の貴公子
  • 幻想の金魚
  • 最盛期のたかし
  • 暗い谷間の時代
  • たかしと茅舎
  • 女人遍歴
  • 五家宝物語
  • 死に花を咲かす
  • 壮美だった生涯

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代の俳句 : 昭和の芭蕉たち
著作者等 志摩 芳次郎
書名ヨミ ゲンダイ ノ ハイク : ショウワ ノ バショウ タチ
書名別名 Gendai no haiku
巻冊次
出版元 林書店
刊行年月 1967
ページ数 306p
大きさ 19cm
全国書誌番号
67005629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想