鎌倉仏教展開論

末木文美士 著

従来取り上げられることの少ない栄西、頼瑜、無住、慈遍らに光を当て、本覚思想、密教、神仏習合から天皇論、中世神話までを射程に入れ、鎌倉期宗教世界の豊かな全体像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鎌倉仏教をどう見るか
  • 方法と概観(日本宗教史の中の仏教
  • 鎌倉仏教の形成と展開)
  • 鎌倉仏教の形成(本覚思想をめぐって
  • 浄土教の思想
  • 栄西における密と禅)
  • 鎌倉仏教の展開(日蓮の真偽未決遺文をめぐって
  • 密教から見た諸宗-頼瑜の諸宗観
  • 無住の諸行並修思想
  • 『夢中問答』にみる夢窓疎石の思想
  • 仏教と中世神道論-神・仏・天皇論の展開)
  • 中世から捉え返す思想史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉仏教展開論
著作者等 末木 文美士
書名ヨミ カマクラ ブッキョウ テンカイロン
書名別名 Kamakura bukkyo tenkairon
出版元 トランスビュー
刊行年月 2008.4
ページ数 318, 8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-901510-59-2
NCID BA85624595
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21399877
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想