介護福祉のための法学

梶原洋生 編

[目次]

  • 事例編(ムラサキに塗られた総入れ歯の思い出-孫娘の新たな決意
  • 退職後の人生-グループホームへのボランティアを通じて
  • やさしくなれない、先が見えない-「介護家族」とは
  • 病院でずっといたい-精神障害者の地域生活の再獲得?
  • だれかがそばにいてくれた-肢体不自由な私の普通の想い ほか)
  • 理論編(法学の考え方-基礎の基礎からはじめよう
  • 介護は法との出会いである-介護のなかにある法律
  • 社会保障における介護保障の考え方-社会保障法学の視点から
  • 介護が育てる「人権の樹」と日本国憲法-憲法学の視点から
  • 法に出会わないことの大切さ-刑法が期待していること ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 介護福祉のための法学
著作者等 梶原 洋生
書名ヨミ カイゴ フクシ ノ タメノ ホウガク
書名別名 Kaigo fukushi no tameno hogaku
シリーズ名 介護福祉士のための教養学 5
出版元 弘文堂
刊行年月 2008.3
ページ数 204p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-335-61065-3
NCID BA85339395
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21394330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想