謡曲文学 : 能と謡

里井陸郎 著

[目次]

  • 謡曲文学-能と謡-
  • 目次
  • 原色口絵
  • 蟬丸
  • 単色口絵
  • 般若
  • 泥眼
  • 中将
  • 孫次郎
  • 曲見
  • 痩男
  • 葵上(後)
  • 杜若
  • 砧(後)
  • 西本願寺舞台
  • 同橋懸
  • はしがき
  • 一、 はじめに-伝統と創造- / 1
  • 映画雨月物語 / 2
  • 創造と変革 / 5
  • 座の芸術・連歌 / 11
  • 芸能と村落・勧進猿楽桟敷 / 16
  • 狂言・武悪 / 22
  • 能と狂言 / 29
  • 現代化と映画 / 31
  • 二、 劇と文学-謡曲の方法- / 37
  • 劇文学とは / 38
  • 能と謡 / 40
  • 能本のかき方 / 42
  • (一)、 序破急の原理に従うこと / 42
  • (二)、 典拠 / 45
  • (三)、 耳なれた詞 / 46
  • 舞台と詞 / 50
  • 一大事の能・音曲にて働く能 / 51
  • 三、 六条御息所-野宮と葵上- / 54
  • 枕之段 / 64
  • 忠度 / 74
  • 班女 / 78
  • 四、 舞台空間と観客空間-能舞台の構造にちなんで- / 83
  • 離見の見、目前心後 / 85
  • 物まねと橋がかり / 86
  • ヌード能 / 88
  • 演劇の現実性 / 90
  • 間の芸術 / 93
  • せぬひまをつなぐ / 96
  • 時機と花 / 98
  • 五、 砧打つ女-愁哭の秋- / 101
  • 人間疎外の劇 / 102
  • 死と蘇りの劇 / 126
  • 古代とのたたかい / 127
  • 六、 任俠の居士-自然居士と少女- / 131
  • 歌と踊り / 138
  • 人買いの悲劇 / 141
  • 松風 / 145
  • 求塚 / 149
  • 七、 修羅の人たち-能と平曲- / 151
  • 平家物語の文体 / 152
  • 説話の方法・祇王 / 153
  • 語りの芸能 / 156
  • 平曲と能 / 164
  • 回向成仏のパターン / 169
  • 通盛 / 172
  • 入水する公達 / 181
  • 知章 / 201
  • 修羅能の方法 / 207
  • 八、 隅田川の女-くるい- / 210
  • 和歌と謡曲 / 211
  • きくやいかに / 214
  • 東下り・貴種流離 / 226
  • 狂いの芸能 / 228
  • 隅田川の悲劇 / 233
  • 九、 草木の精-雪中の芭蕉- / 245
  • 十、 元雅以後 / 252
  • 信光 / 253
  • 道成寺 / 258
  • 船弁慶 / 259
  • 十一、 結びに代えて / 274
  • 中国民族歌舞団 / 274
  • 闘争と文化 / 276
  • 中国文化の伝統と創造 / 283

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 謡曲文学 : 能と謡
著作者等 里井 陸郎
書名ヨミ ヨウキョク ブンガク : ノウ ト ウタイ
書名別名 Yokyoku bungaku
シリーズ名 日本の美と教養
出版元 河原書店
刊行年月 1966
版表示 2版
ページ数 294p 図版
大きさ 19cm
NCID BA39968164
BN01006482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67001260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想