アーティストは境界線上で踊る

斎藤環 著

日本のアート・シーンに、いまなにが起こっているのか。著者は精神科医として、思春期・青年期の精神病理と向き合ってきた経験をふまえ、ひきこもりからアニメ、文学、アウトサイダー・アートまで、現在進行形の文化現象に鋭く斬り込んできた。本書では、アートを通じて「リアルとは何か」を問いつづけるアーティストたちの、ユニークな創作衝動を抉り出す。ベテランから若手まで、いまもっとも注目されている23人のアーティストへの、当意即妙のインタビューと、怜悧な作家論・作品論が響きあう。カラーも含めて作品写真をふんだんに盛り込んだ充実のビジュアル。展覧会では経験できない、肉声と批評のコラボレーション。現代美術の世界にあらたな事件を引きおこす、待望のクリティック集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 ヒステリーに抗するアーティスト
  • 草間彌生-象徴の去勢の象徴
  • できやよい-ロリータ・バロック・できやよい
  • 加藤泉-正しきイマージュの系統発生
  • 中ザワヒデキ-「顔」と「方法」
  • やなぎみわ-不在の「フェミニズム」
  • 会田誠-ヒューモアとしての美少女論
  • 小沢剛-背中から地蔵になっていくような幸福
  • 木本圭子-エロスと運動のダイヤグラム
  • ミスター-ヤンキー・ロリコン・ミスター〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アーティストは境界線上で踊る
著作者等 斎藤 環
書名ヨミ アーティスト ワ キョウカイ センジョウ デ オドル
書名別名 Atisuto wa kyokai senjo de odoru
出版元 みすず書房
刊行年月 2008.2
ページ数 346p 図版30p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-07331-4
NCID BA85109974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21383530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想