世界の狩猟民 : その豊饒な生活文化

カールトン・スティーヴンズ・クーン 著 ; 平野温美, 鳴島史之 訳

1万年前、人間はすべて狩猟民だった。狩猟民とは農業を知らず、家畜を飼わない民のことである。著者は世界中の主だった狩猟採集民族を、民族ごとではなく、基本装具、狩りや漁のスタイル、結婚や神話、儀礼、シャーマンなどテーマごとに考察する。アメリカ先住民、アボリジニ、アイヌ、イヌイット、サンといった人々が、仲間と助け合い、豊かな知恵をもって驚くべき生活の技をどのように編み出し、伝えていったのか。人が集まって生きる意味を、あらためて私たちに問いかける書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世界の現存する狩猟民-その概要
  • 狩猟民の基本装具
  • 水陸の移動と運搬
  • 食料探索-狩猟とわな猟
  • 大型動物の狩り
  • 採取
  • 食物と麻薬
  • 狩猟民の社会組織-地縁、バンド、親族
  • 結婚
  • 政治と争い
  • 専門分化、富と交易
  • 神、聖霊、神話と物語
  • 誕生、成人、死における通過儀礼
  • 強化儀礼と周期的な祭事
  • シャーマンと治療
  • 結論-狩猟民から何を学ぶか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の狩猟民 : その豊饒な生活文化
著作者等 Coon, Carleton Stevens
平野 温美
鳴島 史之
クーン カールトン・スティーヴンズ
書名ヨミ セカイ ノ シュリョウミン : ソノ ホウジョウナ セイカツ ブンカ
書名別名 The hunting peoples
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.2
ページ数 453, 18p 図版2枚
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-02234-0
NCID BA84830638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21422425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想