俳句以前・以後 : 随想

田中波月 著

[目次]

  • 俳句以前・以後
  • 目次
  • ひとつの盆しい履歴書の下書き / 1
  • 鮎焼いて残る赤い火 / 8
  • たましいは俳句の根 / 12
  • 俳句にレッテルはおかしい / 16
  • 真実を求めて駈けめぐるもの / 20
  • 芭蕉を聴く淑女たち / 24
  • 昭和三十四年度静岡県下公立高校入学試験問題「国語の部」 / 30
  • 文化人会議と一婦人俳句作者 / 32
  • 俳句におけるセンチメンタリズムの復活 / 36
  • 新は真である・真は新である / 40
  • 短夜や二人落ち行く大井川 / 44
  • 瀉泄 Kathrsis / 47
  • 百日紅咲く寺で / 52
  • ひょっとこ面もまた一表現 / 55
  • 糠味噌桶は在る / 59
  • 大井川鉄橋下の鮎の肌 / 63
  • 美・醜を泳ぐ / 67
  • ちょうちんを愛した駄馬 / 72
  • 老鳥ふところに入る-か / 76
  • 『野』刊行小感 / 80
  • 「俗に還る」むずかしさ / 84
  • 光波子七年忌に寄せて / 88
  • 稚拙に似るすがた / 93
  • 俳壇の「喜劇」は終焉する? / 96
  • 禅寺洞の遺産 / 102
  • 生地か・仕立か / 106
  • 蛇笏先生が一笑されるであろう話 / 110
  • 特異なる俳句屋中村草田男 / 116
  • 碧梧桐をあらためて見ること / 120
  • 「真珠の発見」の筆者に触れて / 124
  • わが<泣虫>について / 128
  • 自句自釈十句 -(作句動機から仕上げまでの実例)- / 132
  • あとがき / 162
  • 波月執筆序文句集一覧 / 164

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 俳句以前・以後 : 随想
著作者等 田中 波月
書名ヨミ ハイク イゼン イゴ : ズイソウ
出版元 主流社
刊行年月 1965
ページ数 162p 図版
大きさ 19cm
NCID BA41924671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66002556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想