司馬遼太郎と網野善彦 : 「この国のかたち」を求めて

川原崎剛雄 著

悲惨な戦争体験から出発して、司馬は生涯をかけて日本人とは何かを問い続けた。それは同時に日本人と日本国家との関係を問うことでもあった。国家を相対化してとらえる戦後歴史学との親和性が色濃く反映される司馬の作品群のなかで唯一の例外が『坂の上の雲』ではないのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 司馬作品の魅力はどこにあるのか
  • 第2章 司馬思想の形成
  • 第3章 「この国のかたち」を求めて
  • 第4章 司馬史観とはなにか
  • 第5章 司馬遼太郎と網野善彦
  • 第6章 『坂の上の雲』について
  • 第7章 「あるべき国のかたち」を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 司馬遼太郎と網野善彦 : 「この国のかたち」を求めて
著作者等 川原崎 剛雄
書名ヨミ シバ リョウタロウ ト アミノ ヨシヒコ : コノ クニ ノ カタチ オ モトメテ
書名別名 Shiba ryotaro to amino yoshihiko
出版元 明石書店
刊行年月 2008.1
ページ数 294p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-2688-7
NCID BA8467507X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21379332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想