言語史研究入門

亀井孝, 大藤時彦, 山田俊雄 編

日本人の深層にあって、民族のエネルギーを作り出す見えざる力"日本語"を正しく把握するために、日本語の歴史を日本人の言語生活の歴史として、また日本文化の骨格を作ることばの文化史として捉え、広範な視点から語り尽くした名著の復刊。別巻は、『日本語の歴史』の補遺として、広く言語学の方法を採り入れ、言語史はいかに研究されるかを主題に、文献学、文字資料の取り扱いにまで論及する。歴史言語学の入門書の比類なき名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 言語史の原理(言語の歴史とはなにか
  • 言語史の資料と性格
  • 言語史の研究法
  • 言語地理学の寄与)
  • 第2部 文献学の方法(書承の資料-書籍を中心として
  • 書承における文字の批判的処置
  • 仮名と表記法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語史研究入門
著作者等 亀井 孝
大藤 時彦
山田 俊雄
書名ヨミ ゲンゴシ ケンキュウ ニュウモン
書名別名 Gengoshi kenkyu nyumon
シリーズ名 日本語の歴史 別巻
平凡社ライブラリー 別巻
出版元 平凡社
刊行年月 2008.1
版表示 [特装版]
ページ数 507p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76634-9
NCID BA84327991
BB1412645X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21377460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想