悪魔という救い

菊地章太 著

信者11億のカトリックの世界では、どうして「悪魔祓い」という摩訶不思議な儀式が、生き続けているのだろうか。解くカギは、「癒し」であり、「救い」であった!そして、その知恵は、現代日本の閉塞感打破につながっていく。「悪魔祓い」の、日本初の学術的入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 悪魔祓いが今さらなぜ?-闇にひかれる人々
  • 第2章 不可知なものへのまなざし-『エミリー・ローズ』のメッセージ
  • 第3章 悪魔の存在証明-『エクソシスト』の衝撃
  • 第4章 神の愛の勝利-『尼僧ヨアンナ』の真実
  • 第5章 教会の公式見解-悪魔祓いと悪魔の正体
  • 第6章 エクソシスト・イエス-聖書が語る悪魔祓い
  • 第7章 二千年の伝統-『ローマ儀式書』への歩み
  • 第8章 悪魔憑きの科学-精神病理学からのアプローチ
  • 第9章 救いのありか-癒しを超えた可能性へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪魔という救い
著作者等 菊地 章太
書名ヨミ アクマ ト ユウ スクイ
書名別名 Akuma to yu sukui
シリーズ名 朝日新書
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2008.2
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273198-2
NCID BA85126317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21376973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想