合理的農業の原理  中巻

アルブレヒト・テーア 著 ; 相川哲夫 訳

当時の農芸化学の最新研究の成果をもとに、各種土壌の性質ととらえ方を単なる知識でなく実践的に記述。「有機栄養説」の基本に据えた「フムス(腐植)」の概念や性質について明らかにする。現代の有機栽培にも通じる、動物質肥料、植物質肥料、そしてミネラル肥料について、主な種類の性質、使い方を詳述。肥料とともに重視した力学的土壌改良(耕耘、排水・潅漑、土地改良など)について、具体的・実践的に解説。各種犂やハローの細密図版、排水と潅漑の施工例の図版も掲載。採草地栽培、乾草の収穫、放牧地の管理については特に丹念に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3編 土壌論(アグロノミー)-すなわち土壌の成分と物性、土壌判定、価値評価の学(土一般
  • 珪土
  • 粘土
  • 粘土質
  • 石灰
  • 石膏
  • 泥灰土
  • 苦土
  • 鉄分
  • フムス(腐植)
  • 泥炭
  • 土壌の種類とその性質、および耕土諸成分の混入比率から出てくる価値と利用)
  • 第4編 施肥論、耕作・土地改良論(アグリクルツール)(施肥論
  • 耕作論、すなわち力学的土壌改良の学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 合理的農業の原理
著作者等 Thaer, Albrecht
Thaer, Albrecht Daniel
相川 哲夫
テーア アルブレヒト
書名ヨミ ゴウリテキ ノウギョウ ノ ゲンリ
書名別名 Grundsatze der rationellen Landwirthschaft. (新版)

Goriteki nogyo no genri
巻冊次 中巻
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2008.1
ページ数 629p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-540-07206-2
NCID BA83847737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21375053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想