魅力的なインタフェースをデザインする

井上勝雄 著

設計論の視点からのインタフェースデザインの本。今日の日本において主流となっている組込み型の製品のインタフェースを中心とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人の科学とインタフェース
  • 第2章 インタフェースとユーザビリティ
  • 第3章 ガイドラインと評価法
  • 第4章 開発のプロセス
  • 第5章 インタフェースデザイン設計の手法
  • 第6章 コンテクスト視点のデザインコンセプト
  • 第7章 数理解析を用いた評価法
  • 第8章 新しい視点
  • 第9章 次世代のインタフェース技術
  • 第10章 インタフェースデザインと知的財産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魅力的なインタフェースをデザインする
著作者等 井上 勝雄
書名ヨミ ミリョクテキナ インタフェース オ デザインスル
書名別名 Miryokutekina intafesu o dezainsuru
出版元 工業調査会
刊行年月 2008.1
ページ数 236p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7693-6176-3
NCID BA84539162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21447410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想