封印されたヒロシマ・ナガサキ

高橋博子 著

「公式見解」の真相を機密解除された米公文書で解き明かした、1940〜50年代の米核戦略史。「人々の犠牲によってのみ行われた」核実験の目的とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本研究のねらいと本書の構成
  • 第1章 占領下日本における米国の原爆情報収集と報道統制
  • 第2章 一九四〇年代後半の原爆情報統制
  • 第3章 連邦民間防衛局の発足とその原爆対策
  • 第4章 一九五四年ビキニ核実験とその後の民間防衛計画
  • 終章 封印されたヒロシマ・ナガサキ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 封印されたヒロシマ・ナガサキ
著作者等 高橋 博子
書名ヨミ フウインサレタ ヒロシマ ナガサキ : ベイ カクジッケン ト ミンカン ボウエイ ケイカク
書名別名 Classified Hiroshima and Nagasaki

米核実験と民間防衛計画
出版元 凱風社
刊行年月 2008.2
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7736-3208-8
NCID BA84873404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21373143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想