開かれた地域研究へ

北海道大学スラブ研究センター 監修 ; 家田修 編

ロシア、ウクライナ、中央アジア、バルト三国、旧ユーゴなど旧ソ連・東欧研究の現在の動向がわかる。28+αの国を数え、大変貌のまっただ中にある地域広大な空間を「中域圏」概念で分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • スラブ・ユーラシア学とは何か
  • 第1部 中域圏とは何か(中域圏-地球化時代の新しい地域研究
  • 空間の科学-政治研究のツールとしての中域圏概念)
  • 第2部 地域はどう自らを構築するか(戦略としての地域-世界戦争と東欧認識をめぐって
  • 地域概念の構築性-中央ヨーロッパ論の構造
  • 地域研究と言語学-Balkanの用法からバルカンを探る
  • 歴史の中のコーカサス「中域圏」-革新される自己意識と閉ざされる自己意識)
  • 第3部 地球化とどう向き合うか(ユーラシアとアジアの様々な三角形-国境政治学試論
  • 地球化と地域経済統合-CISを中心として
  • スラブ・ユーラシアにおける農業問題と地球化-旧ソ連諸国のWTO加盟問題をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開かれた地域研究へ
著作者等 三谷 恵子
前田 弘毅
北海道大学スラブ研究センター
家田 修
山村 理人
岩下 明裕
松里 公孝
林 忠行
田畑 伸一郎
篠原 琢
北大スラブ研究センター
書名ヨミ ヒラカレタ チイキ ケンキュウ エ : チュウイキケン ト チキュウカ
書名別名 中域圏と地球化
シリーズ名 Slavic Eurasian studies 第1巻
講座スラブ・ユーラシア学 第1巻
出版元 講談社
刊行年月 2008.1
ページ数 276p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-06-214456-8
NCID BA84820463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21367914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想