基本ケースで学ぶ地域経済学

中村剛治郎 編

世界都市・東京から内発的発展の地方都市・金沢ほかを経て、農村観光の由布院まで、地域経済の標準類型に基づく8つの日本の地域経済モデルと、ハイテク地域・シリコンバレーから環境都市・フライブルクまで、4つの欧米の先端的地域経済モデルを基本ケースとし、その具体的な紹介に即して関連する理論と政策、論点を学ぶ方式。序章で地域経済学の基礎理論、終章で日本の地域政策をカバー。ケース・スタディの集合ではなく、厳選された基本ケースを軸に、地域経済の最新動向と現代的意義、地域経済学の理論と政策をリアルに実感しながら体系的に学習できる、まったく新しいスタイルの地域経済学テキストの登場です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代地域経済学の基礎と課題
  • 第1部 日本の大都市圏
  • 第2部 日本の地方都市と地域システム
  • 第3部 日本の農山村地域経済
  • 第4部 欧米の地域経済
  • 日本の地域政策-集権的国土政策から分権的地域政策へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基本ケースで学ぶ地域経済学
著作者等 中村 剛治郎
佐無田 光
加茂 利男
多田 憲一郎
安東 誠一
岡田 知弘
榊原 雄一郎
鈴木 茂
鈴木 誠
鎌倉 健
高原 一隆
書名ヨミ キホン ケース デ マナブ チイキ ケイザイガク
書名別名 Kihon kesu de manabu chiiki keizaigaku
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 2008.1
ページ数 349p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-18354-4
NCID BA84245809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21365327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想