日本のマラーノ文学 : Dulcinea roja

四方田犬彦 著

「マラーノ」という侮蔑的表現を裏返し、それを隠れユダヤ人を示す歴史的用法から解き放ち、より普遍的な意味で、ひとが本来の出自を社会的に隠して生き延びねばならぬ状況一般に用いることははたして可能か。在日朝鮮人、被差別部落出身者等々をあえて「マラーノ」と呼ぶことで、ありえぬ想像上の自我のもとに説話の主体を引き受けるという、文学の本質に触れる意欲的な新ジャンル論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドゥルシネーア赤
  • 李香蘭の喪われた家
  • 立原正秋という問題
  • 寺山修司-朝鮮人のふりをすること
  • 中上健次の詩
  • 中上健次-路地の映像
  • 劇作家としての松田優作
  • 帷子耀
  • 宋敏鎬のブルックリン体験
  • 玄月-土地の凋落
  • アイドルの終わり-『パッチギ!LOVE&PEACE』
  • ここで突然、プルースト
  • 川村湊を批判する-生まれてもそこは異郷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のマラーノ文学 : Dulcinea roja
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ ニホン ノ マラーノ ブンガク
書名別名 Nihon no marano bungaku
出版元 人文書院
刊行年月 2007.12
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-409-16091-6
NCID BA84268112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21385548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想