ロシア・ソビエト文学全集  第8

ドストエーフスキイ[著] ; 米川正夫訳

[目次]

  • 目次
  • カラマーゾフの兄弟 上
  • 著者より / 5
  • 第一編 ある一家族の歴史 / 7
  • 第一 フョードル・カラマーゾフ / 7
  • 第二 厄介ばらい / 10
  • 第三 第二の妻とその子 / 12
  • 第四 三男アリョーシャ / 17
  • 第五 長老 / 25
  • 第二編 無作法な会合 / 34
  • 第一 到着 / 34
  • 第二 老いたる道化 / 38
  • 第三 信心深い女の群 / 47
  • 第四 信仰薄き貴婦人 / 55
  • 第五 アーメン、アーメン / 63
  • 第六 どうしてこんな男が生きてるんだ! / 71
  • 第七 野心家の神学生 / 81
  • 第八 醜事件 / 90
  • 第三編 淫蕩なる人々 / 99
  • 第一 下男部屋にて / 99
  • 第二 リザヴェータ・スメルジャーシチャヤ / 104
  • 第三 熱烈なる心の懺悔-詩 / 108
  • 第四 熱烈なる心の懺悔-思い出 / 117
  • 第五 熱烈なる心の懺悔-『まっさかさま』 / 124
  • 第六 スメルジャコフ / 133
  • 第七 論争 / 138
  • 第八 コニャックを傾けつつ / 143
  • 第九 淫蕩なる人々 / 151
  • 第十 二人の女 / 157
  • 第十一 ここにも亡びたる名誉 / 169
  • 第四編 破裂 / 177
  • 第一 フェラポント / 177
  • 第二 父のもとにて / 186
  • 第三 かかり合い / 191
  • 第四 ホフラコーヴァの家にて / 196
  • 第五 客間における『破裂』 / 203
  • 第六 小屋における『破裂』 / 216
  • 第七 清らかな外気の中で / 225
  • 第五編 Pro et Contra / 237
  • 第一 誓い / 237
  • 第二 ギターを持てるスメルジャコフ / 249
  • 第三 兄弟の接近 / 255
  • 第四 叛逆 / 265
  • 第五 大審問官 / 277
  • 第六 とりとめなき憂愁 / 298
  • 第七 『賢い人とはちょっと話しても面白い』 / 309
  • 第六編 ロシアの僧侶 / 318
  • 第一 ゾシマ長老とその客 / 318
  • 第二 故大主教ゾシマ長老の生涯 / 322
  • A ゾシマ長老の年若き兄 / 322
  • B ゾシマ長老の生涯における聖書の意義 / 326
  • C 俗世にありしゾシマ長老の青年期に関する回想-決闘 / 333
  • D 謎の客 / 340
  • 第三 ゾシマ長老の説話と教訓の中より / 353
  • E ロシアの僧侶とその可能なる意義について / 353
  • F 主従について 主従は精神上相互に兄弟たり得るか / 356
  • G 祈禱 愛 他界との接触 / 360
  • H 人は同胞の審判者たり得るか?最後までの信仰 / 363
  • I 地獄 地獄の火 神秘的考察 / 365
  • 第七編 アリョーシャ / 367
  • 第一 腐屍の香 / 367
  • 第二 こうした瞬間 / 379
  • 第三 一本の葱 / 385
  • 第四 ガリラヤのカナ / 405
  • 解説(米川正夫) / 410

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ロシア・ソビエト文学全集
著作者等 Dostoyevsky, Fyodor M.
米川 正夫
書名ヨミ ロシア ソビエト ブンガク ゼンシュウ
書名別名 ドストエーフスキイ
巻冊次 第8
出版元 平凡社
刊行年月 1964
ページ数 414p 図版
大きさ 20cm
NCID BN09049150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56003673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ドストエーフスキイ 米川正夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想