ハイデッガー『存在と時間』の現在 : 刊行80周年記念論集

秋富克哉, 関口浩, 的場哲朗 共編

[目次]

  • 1 成立と途絶(幻の書評から『存在と時間』の成立へ
  • 発生と解体-初期ハイデッガーとフッサールとを繋ぐもの
  • 『存在と時間』はなぜ未完に終わったのか
  • 衝迫・振動・超越-一九二八年夏学期講義における基礎有論の補足完成の試み)
  • 2 哲学知の諸相(造語・語源学主義・転義-『存在と時間』における思索の言葉
  • 知の生成と動揺-『存在と時間』における学問論
  • 深淵としての構想力
  • ハイデッガーと表象主義)
  • 3 種々の対決(日本における『存在と時間』の受容-田辺元の場合
  • アポリアをめぐって-デリダによる「死の分析論」解釈
  • 「…まで生き続けること」-リクール『記憶・歴史・忘却』における「ハイデッガーとの論争」
  • アリエナツィオーン-精神医学からの証言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイデッガー『存在と時間』の現在 : 刊行80周年記念論集
著作者等 Pöggeler, Otto
的場 哲朗
秋富 克哉
関口 浩
P¨oggeler Otto
ペゲラー オットー
書名ヨミ ハイデッガー ソンザイ ト ジカン ノ ゲンザイ : カンコウ 80シュウネン キネン ロンシュウ
シリーズ名 存在と時間
出版元 南窓社
刊行年月 2007.12
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8165-0363-4
NCID BA84464835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21360318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想