中世の発見 : 偉大な歴史家たちの伝記

ノーマン・F.キャンター 著 ; 朝倉文市, 横山竹己, 梅津教孝 訳

中世史研究の創始期の歴史を、偉大な歴史家たちの生涯と著作・思想を通して辿り、後世のヨーロッパ中世の解釈に及ぼした持続的な影響を評価・分析する。20名の歴史家たち-メイトランド、ハスキンズ、C.S.ルイス、トールキン、サザーン、ノウルズ、カントローヴィツ、パノフスキー、クルツィウス、ジルソン、マルク・ブロック、ホイジンガらの人物像や歴史観を新鮮に描き出すとともに、同時代の他分野を横断して二十世紀という大河の流れを読み取る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中世の探究
  • 第2章 法と社会-フレデリック・W.メイトランド
  • 第3章 ナチの双子-パーシー・E.シュラムとエルンスト・H.カントーロヴィツ
  • 第4章 フランスのユダヤ人-ルイ・アルフェンとマルク・ブロック
  • 第5章 形式主義者-エルヴィン・パノフスキーとエルンスト・R.クルツィウス
  • 第6章 オックスフォード・ファンタジストたち-クライブ・S.ルイス、ジョン・R.R.トールキン、フレデリック・M.ポーウィック
  • 第7章 アメリカン・パイ-チャールズ・H.ハスキンズとジョゼフ・R.ストレイヤー
  • 第8章 堕落の後で-マイケル・D.ノウルズとエチエンヌ・H.ジルソン
  • 第9章 古と未来の国王-リチャード・W.サザーン
  • 第10章 アウトライダー-ヨハン・ホイジンガ、アイリーン・E.パウア、マイケル・M.ポスタン、カール・エールトマン、テーオドア・E.モムゼン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の発見 : 偉大な歴史家たちの伝記
著作者等 Cantor, Norman F
朝倉 文市
梅津 教孝
横山 竹己
Cantor Norman F.
キャンター ノーマン・F.
書名ヨミ チュウセイ ノ ハッケン : イダイナ レキシカタチ ノ デンキ
書名別名 Inventing the middle ages
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2007.12
ページ数 599, 71p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-02233-3
NCID BA84138922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21422422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想