思想史と社会史の弁証法 : 良知力追悼論集

川越修, 植村邦彦, 野村真理 編

良知の研究は、思想史研究と歴史研究を不可分のものとし、たえずその架橋をはかり、その橋をみずから往き来し続けながら橋自体の作り直しを図っていた。本書では、こうした研究の歩みを再構成する資料として、没後、その蔵書の散逸を防ぐため、テーマごとに蔵書の受け入れに応じた一橋大学附属図書館(一八四八年革命関連)と慶應義塾図書館(マルクス主義関連)の所蔵目録を収録した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(西洋近代思想史の批判的再検討-カント最晩年の政治思想におけるロック批判の脈絡
  • 国家・法・人格-マルクス「ヘーゲル法哲学批判」の問題性について)
  • 2(アンドリアン=ヴェルブルク『オーストリアとその未来』と三月前期の諸問題
  • 全ドイツ労働者協会におけるラサール崇拝の形成
  • 反セム主義の地下水脈-ワーグナー論争をめぐって)
  • 3(王権とユダヤ人特権-ポーランド・ユダヤ人の「一般特権」成立の経緯
  • 検証・一九四一年リヴィウのポグロム)
  • 良知力コレクション目録(一橋大学附属図書館所蔵
  • 慶應義塾図書館所蔵)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想史と社会史の弁証法 : 良知力追悼論集
著作者等 川名 隆史
川越 修
平子 友長
松岡 晋
植村 邦彦
神田 順司
篠原 敏昭
野村 真理
書名ヨミ シソウシ ト シャカイシ ノ ベンショウホウ : ラチ チカラ ツイトウ ロンシュウ
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2007.10
ページ数 250, 215p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-275-00548-9
NCID BA83559415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21358561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想