雲岡石窟 : 西暦五世紀における中国北部仏教窟院の考古学的調査報告・東方文化研究所調査(昭和13-20年)  第十二卷 第十七洞-第十八洞 本文

水野清一, 長広敏雄 著

[目次]

  • 目次
  • 例言 / 7
  • 序章 雲岡彫刻の西方樣式 / 1
  • 第一章 第十七洞 / 17
  • 第二章 第十八洞 / 28
  • 終章 第十七洞第十八洞の特徵 / 39
  • 圖版解說 第十七洞 / 43
  • 圖版解說 第十八洞 / 57

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 雲岡石窟 : 西暦五世紀における中国北部仏教窟院の考古学的調査報告・東方文化研究所調査(昭和13-20年)
著作者等 京都大学人文科学研究所
水野 清一
長広 敏雄
書名ヨミ ウンコウ セックツ : セイレキ 5セイキ ニ オケル チュウゴク ホクブ ブッキョウ クツイン ノ コウコガクテキ チョウサ ホウコク トウホウ ブンカ ケンキュウジョ チョウサ ショウワ 13 20ネン
シリーズ名 京都大学人文科学研究所研究報告
巻冊次 第十二卷 第十七洞-第十八洞 本文
出版元 京都大学人文科学研究所
刊行年月 1954
ページ数 4冊 (図版共)
大きさ 38cm
全国書誌番号
55012494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想