禅の講座  第2巻 (禅の本義)

春陽堂書店 編

鈴木大拙, 宇井伯寿, 井上哲次郎監修

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 禪の本義 目次
  • 禪宗の信仰(天岫接三)
  • 一、哲理的方面 / p1
  • ニ、倫理的方面 / p23
  • 三、宗敎的方面 / p42
  • 看話禪(日種讓山)
  • 一、序說 / p63
  • 二、禪の體性 / p76
  • 三、禪と公案 / p85
  • 四、話頭 / p100
  • 五、結語 / p111
  • 默照禪(岡田宜法)
  • 一、唐宋時代の禪風と默照禪の發生 / p115
  • 二、宏智禪師略傳 / p119
  • 三、宏智と大惠との關係 / p123
  • 四、宏智の主張 / p127
  • 五、禪定主義と智慧主義 / p155
  • 六、宏智禪と日本曹洞禪 / p161
  • 野狐禪(北村讓二)
  • はしがき / p165
  • 一、參禪の目的 / p166
  • 二、禪病 / p172
  • 三、心病 / p179
  • 四、見性 / p190
  • 五、禪機 / p196
  • 六、野狐禪 / p199
  • 七、むすび / p203
  • 悟の心境(日種讓山)
  • 一、緖言 / p205
  • 二、悟りへの道 / p215
  • 三、參禪の要義 / p227
  • 四、修證の關係 / p236
  • 五、大悟の風光 / p243
  • 六、禪心生活 / p257
  • 七、禪の實踐 / p264
  • 坐禪の仕方(伊藤道海)
  • 一、序言 / p277
  • 二、柳は緣花は紅 / p278
  • 三、人間に取つての魔もの / p281
  • 四、正身端坐の威力 / p283
  • 五、「坐」のための道場 / p285
  • 六、「坐」の道場に入る身支度 / p286
  • 七、「坐」のための心仕度 / p288
  • 八、「坐」のときの脚の處置 / p290
  • 九、「坐」のときの手の處置 / p292
  • 一〇、「坐」のときの上體の處置 / p294
  • 一一、氣息を調ふる方法 / p296
  • 一二、こゝろを調ふる方法 / p298
  • 一三、昏散等の禪病を斥く / p299
  • 一四、公案工夫のその實際 / p301
  • 十五、狗子佛性の公案 / p304
  • 一六、大慧禪師の言葉 / p305
  • 一七、公案工夫とその實際 / p309
  • 一八、大死一番大活現成 / p312
  • 一九、健康感に張り切る坐禪 / p315
  • 二〇、坐禪は習禪には非す / p317
  • 二一、坐禪を修する時間 / p319
  • 二二、坐場から起き上るには / p321
  • 禪僧及禪的人物の逸話(二)(宇井伯壽)
  • 荻野濁園 / p325
  • 原坦山禪師 / p331
  • 西有穆山禪師 / p337
  • 滴水宜牧 / p342
  • 森田悟由禪師 / p347
  • 峩山昌禎 / p352
  • 維新の三舟-勝海舟・高橋泥舟・山岡鐵舟- / p358
  • 西郷南洲の禪 / p374

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 禅の講座
著作者等 春陽堂書店
書名ヨミ ゼン ノ コウザ
書名別名 Zen no koza
巻冊次 第2巻 (禅の本義)
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1952
ページ数 384p
大きさ 19cm
NCID BN10290398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51008973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想