生命科学の冒険 : 生殖・クローン・遺伝子・脳

青野由利 著

最先端を追う「わくわく感」と同時に「ちょっと待てよ」の倫理問題も投げかける生命科学。日々刻々と進歩する各分野の基礎知識と論点をわかりやすく整理して紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 生命の始まりの科学-生殖(体外受精が可能になって、崩れた「原則」とは?
  • 卵子、精子、胚を他人とやり取りしてもいいか ほか)
  • 2章 生命を複製する-クローンと再生医療(クローン技術の原理は孫悟空の分身術のよう
  • クローン牛-おいしいお肉を大量生産するために ほか)
  • 3章 私たちの設計図をひもとく-遺伝子(DNAと遺伝子とゲノム、どう違う?
  • ヒトゲノム解読は、生物学・医学のツール作りだった ほか)
  • 4章 もっともミステリアスな器官-脳科学(「読心術」は脳科学の一分野である
  • 脳と機械をつなぐ技術はどこまで進んでいるか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命科学の冒険 : 生殖・クローン・遺伝子・脳
著作者等 青野 由利
書名ヨミ セイメイ カガク ノ ボウケン : セイショク クローン イデンシ ノウ
シリーズ名 ちくまプリマー新書 73
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.12
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68774-6
NCID BA84007888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21351574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想