論理的構文論 : 哲学する方法

ルドルフ・カルナップ 著 ; 吉田謙二 訳

[目次]

  • 1 形而上学の排除(検証可能性
  • 形而上学
  • 実在の諸問題
  • 倫理学
  • 表現としての形而上学
  • 心理学
  • 論理的分析)
  • 2 言語の論理的構文論(「形式的」理論
  • 形成規則
  • 変形規則
  • 構文論的用語
  • L-用語
  • 内容
  • 擬似対象文
  • 発話の実質的様式と形式的様式)
  • 3 哲学の方法としての構文論(発話の実質的様式
  • 様相
  • 言語に関する相対性
  • 擬似問題
  • 認識論
  • 自然哲学
  • 物理主義の主張するもの
  • 物理主義の主張しないもの
  • 科学の統一性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論理的構文論 : 哲学する方法
著作者等 Carnap, Rudolf
吉田 謙二
カルナップ ルドルフ
書名ヨミ ロンリテキ コウブンロン : テツガクスル ホウホウ
書名別名 Philosophy and logical syntax
出版元 晃洋書房
刊行年月 2007.10
ページ数 105p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7710-1905-8
NCID BA83538936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21345551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想