ホネになったらどこへ行こうか

内藤理恵子 著

少子化や都市化によって大きく変わりつつある葬儀とお墓。ホネになったときのことをとことん考えることによって、「生きる」意味が浮かび上がります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ホネになったら海に行こう
  • ホネになってもあなたのおそばに
  • ホネになっても花を咲かせたい
  • ホネになってもマンション派
  • ホネになる前に捨てないで
  • ホネになっても、インターネットの世界で生きています
  • ホネになってもひとりっ子
  • ホネにならない人たち
  • ホネになったら、ダイヤになるの
  • ホネになったらやっぱり「先祖代々之墓」でしょ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホネになったらどこへ行こうか
著作者等 内藤 理恵子
書名ヨミ ホネ ニ ナッタラ ドコエ ユコウカ
書名別名 Hone ni nattara dokoe yukoka
出版元 KTC中央出版
ゆいぽおと
刊行年月 2007.12
ページ数 156p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87758-415-3
NCID BA85911677
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21346972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想