合理的農業の原理  上巻

アルブレヒト・テーア 著 ; 相川哲夫 訳

「農業革命」の目指した近代化と自然観が明らかに。「持続可能な農業」への転換に向けて、現代の課題に応える。近世ヨーロッパ農業の一級の資料。地形や地理的条件の把握、土地の見方や評価方法も実践的に展開。科学を基本に据えつつも、慣行や技能の役割も重視。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 訳者解題
  • 第1編 基礎編(合理的農業の概念
  • 科学的農学の基礎
  • 営利事業の基礎)
  • 第2編 経営・農法論(エコノミー)-すなわち農場経営の諸関係、組織、管理の学(用語「エコノミー」の意味
  • 労働一般
  • 連畜作業、役馬と役牛
  • 手作業
  • 経営管理 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 合理的農業の原理
著作者等 Thaer, Albrecht
Thaer, Albrecht Daniel
相川 哲夫
テーア アルブレヒト
書名ヨミ ゴウリテキ ノウギョウ ノ ゲンリ
書名別名 Grundsatze der rationellen Landwirthschaft. (新版)

Goriteki nogyo no genri
巻冊次 上巻
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2007.11
ページ数 515p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-540-07205-5
NCID BA83847737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21335790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想