巨大なる零 : 歌集

鯉沼昵 著

[目次]

  • 目次
  • 序・藤川忠治
  • 第一篇 零の原子核
  • イルクーツク監獄 / 23
  • ウラル高原ダブダ監獄 / 25
  • ペトロパヴロフスク監獄 / 29
  • セルドロフスク監獄 / 31
  • ウスカメノボルスク監獄 / 36
  • 獄舎に家郷を思ふ / 39
  • 巨大なる零 / 41
  • ヂェズガズガン独人部隊 / 43
  • カラカンダ日人部隊 / 45
  • 戦犯抑留者部隊 / 48
  • 獄舎に満州を思ふ / 51
  • シベリヤの暴風雪 / 77
  • シベリヤの民謡 / 79
  • 帰還 / 81
  • 帰還船山澄丸 / 87
  • 舞鶴上陸 / 89
  • 抉去肋骨 / 91
  • 帰還して感あり / 94
  • 零の原子核 / 103
  • 第二篇 岩は知つてゐる
  • 昭和三十年
  • 昭和三十一年
  • 昭和三十二年
  • 昭和三十三年
  • 昭和三十四年
  • 昭和三十六年
  • 昭和三十七年
  • 昭和三十八年
  • 昭和三十九年
  • 昭和四十年
  • 昭和四十一年
  • 巻末記(子らに語る) / 225

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 巨大なる零 : 歌集
著作者等 鯉沼 昵
書名ヨミ キョダイナル ゼロ : カシュウ
書名別名 Kyodainaru zero
シリーズ名 歌と評論叢書 ; 第20篇
出版元 短歌新聞社
刊行年月 1967
ページ数 251p
大きさ 19cm
NCID BN13337942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67006594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想