言葉の現場へ : フランス16世紀における知の中層

高橋薫 著

[目次]

  • 第1部 境界の歴史家たち(メスのひと、フィリップ・ド・ヴィニュール-『年代記』の中のアイデンティティ
  • 境界にたたずむふたりのブルターニュ史家
  • いわゆる「(大)修辞学派」による歴史書3篇)
  • 第2部 首都の説教者(忘れられた宗教者ドレをめぐる断章
  • シモン・ヴィゴール、その『四旬節の説教』-ささやかな注釈)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言葉の現場へ : フランス16世紀における知の中層
著作者等 高橋 薫
書名ヨミ コトバ ノ ゲンバ エ : フランス 16セイキ ニ オケル チ ノ チュウソウ
書名別名 Kotoba no genba e
シリーズ名 中央大学学術図書 69
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2007.11
ページ数 557p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8057-5166-4
NCID BA83781005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21344501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想