「夏目漱石」入門

荒正人 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / 3
  • 1 生い立ち / 11
  • <1> 両親の愛を知らぬ幼年期
  • <2> 異常な家庭環境
  • <3> 幼年期の神経症
  • 2 学校時代 / 29
  • <1> 漢書を通じて文学へ
  • <2> 英文学を学ぶ
  • <3> 正岡子規との交友
  • <4> 道なき道の彷徨
  • <5> 大学時代を記念する四つの論文
  • 3 卒業・就職・教師 / 63
  • <1> 『門』の背景
  • <2> 孤独の松山中学時代
  • <3> 多事だった熊本時代
  • <4> 熊本時代の五つの文章
  • 4 イギリス留学 / 93
  • <1> ドイツ船プロイセン号で
  • <2> みじめな下宿生活
  • <3> 不幸な留学を終わる
  • 5 『文学論』 / 107
  • <1> 最初の講義『英文学形式論』
  • <2> 神経衰弱に悩みつつ『文学論』の講義
  • <3> 『文学論』の各編
  • 6 創作意欲の爆発 / 149
  • <1> 内面を物語る英詩と英文
  • <2> 火山の爆発を思わせる創作意欲
  • <3> 樗陰宛ての断わり状
  • 7 『吾輩は猫である』 / 171
  • <1> 重要な第一から第三まで
  • <2> 写生文の手法が生んだ滑𥡴味
  • 8 『吾輩は猫である』に平行した作品群 / 187
  • <1> ロマンティックな短編もの
  • <2> 『坊つちやん』
  • <3> 『草枕』
  • <4> 『二百十日』と『野分』
  • 9 職業作家の誕生とその成長 / 207
  • <1> 第一作『虞美人草』
  • <2> 『坑夫』-心理の内面描写へ
  • <3> 新聞小説最初の傑作『三四郎』
  • <4> 『それから』-小説らしい小説に
  • <5> 『門』-『それから』の後に
  • 10 大いなる到達 / 235
  • <1> 『彼岸過迄』-新しい試み
  • <2> 『行人』-人間不安の根源に迫る
  • <3> 『こゝろ』-大いなる到達
  • <4> 『道草』-いぶし銀の光沢
  • <5> 最後の小説『明暗』
  • <6> 『明暗』のゆくえと「則天去私」

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 「夏目漱石」入門
著作者等 荒 正人
書名ヨミ ナツメ ソウセキ ニュウモン
書名別名 Natsume soseki nyumon
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1967
ページ数 265p
大きさ 18cm
NCID BN10297921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67004003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想