セルフヘルプ社会 : 超高齢社会のガバナンス対応

田尾雅夫 著

高齢社会を生き抜くために、互助をめざすセルフヘルプ集団が重要視され、社会にその仕組みを定着させることが不可欠となってきている。本書では、セルフヘルプの意味、その集団の特徴、発展過程、効用と限界、管理について、統合的・包括的に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 セルフヘルプ社会の到来
  • 第2章 セルフヘルプ集団とは何か
  • 第3章 セルフヘルプ集団の領域-断酒会から地域通貨まで
  • 第4章 集団の成立-グループ・ダイナミックスからの知見
  • 第5章 セルフヘルプ集団の生成
  • 第6章 セルフヘルプ集団の効用
  • 第7章 セルフヘルプ集団の限界
  • 第8章 セルフヘルプ集団のマネジメント
  • 第9章 セルフヘルプ集団の展開-新しい課題に向けて
  • 第10章 結論と残された課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セルフヘルプ社会 : 超高齢社会のガバナンス対応
著作者等 田尾 雅夫
書名ヨミ セルフ ヘルプ シャカイ : チョウコウレイ シャカイ ノ ガバナンス タイオウ
出版元 有斐閣
刊行年月 2007.11
ページ数 370p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-16302-7
NCID BA83633686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21331919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想