絵画の制作学

藤枝晃雄, 谷川渥, 小澤基弘 編著

本書は、絵画制作のためのいわゆる技法書ではない。絵の描き方、絵具の使い方、もろもろの支持体の性質などについて解説しようというのではまったくない。そうではなくて、絵画の制作とは何か、制作に際してどのようなことが問題となり、どんな事象が生起するのか、そしてそうした問題や事象に対してどのような言語的アプローチ、概念的把握が可能なのか、そのそも制作と言葉とはどのようにかかわるのかといったことをあたうかぎり多角的に考察しようという試みの書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 制作学の概念(制作学
  • 創造過程
  • 完成と未完成 ほか)
  • 2 制作学による作家論(レオナルド・ダ・ヴィンチ-創造への確信・混沌を超えて
  • カラヴァッジョ-内在化された奇蹟
  • レンブラント・ファン・レイン-自己成型への挑戦 ほか)
  • 3 現在活躍する作家への質問(赤塚祐二
  • 大岩オスカール幸男
  • 草間彌生 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵画の制作学
著作者等 小澤 基弘
藤枝 晃雄
谷川 渥
書名ヨミ カイガ ノ セイサクガク
書名別名 Kaiga no seisakugaku
出版元 日本文教 : 三晃書房
刊行年月 2007.10
ページ数 407p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7830-1034-0
NCID BA84691473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21327557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想