軍用地と都市・民衆

荒川章二 著

軍用地は、最初主要都市の中心部に誕生し、やがて都市近郊に広がって一大軍施設を築き上げ、一方で、軍馬育成用の牧場として、また砲兵を中心とした演習場として、山野にも進出しました。その先は、植民地への拡大でした。このような軍用地拡大の過程を、都市の発展との関連や民衆生活への影響を視野にいれながら考察し、軍隊の存在、戦争を準備することの意味を新しい視角から問いなおします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 軍用地とは
  • 1 軍隊と軍用地の誕生
  • 2 日清戦後軍拡から日露戦後軍拡へ
  • 3 大正期=軍用地をめぐる諸問題の噴出
  • 4 満州事変後の軍拡とその結果
  • 戦後へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 軍用地と都市・民衆
著作者等 荒川 章二
書名ヨミ グンヨウチ ト トシ ミンシュウ
シリーズ名 日本史リブレット 95
出版元 山川出版社
刊行年月 2007.10
ページ数 107p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54707-0
NCID BA83576684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21328161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想