血みどろの西洋史狂気の一〇〇〇年 : 魔女狩り、拷問、ペスト、異常性愛…中世ヨーロッパの「闇の時代」の真相に迫る!

池上英洋 著

かつてヨーロッパに、その壮麗で優美なイメージとはまるで異なる、人間の陰惨な欲望が爆発した"狂気の時代"があった。教科書には載せられない生々しい史実と、当時の人々の行動を支配した恐るべき価値観とは?封印された"闇の歴史"を掘り起こす書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 想像を絶する「魔女狩り」の狂気とその背景-密告、拷問、処刑…何が人々を"暴走"に駆り立てたのか("ふつうの人"がある日、突然"魔女"に仕立てあげられる恐怖-魔女裁判の密告制度
  • 魔女か否かは、いかに"判定"されたか-魔女審査と神明裁判 ほか)
  • 2 「死」と「病」と「戦争」をめぐる血みどろの惨劇-悲鳴と激痛の"医術"と、殺戮の実態とは(ヨーロッパ全土を覆い尽くす腐臭に満ちた屍たち-ペスト(黒死病)の猛威
  • "神の罰"と恐れられた病は、どこからやってきたのか-梅毒の歴史と仰天の治療法 ほか)
  • 3 中世の街角と庶民たちの歪んだ暗部-衛生事情、性の実態…"暗黒時代"の日常・風俗を覗く(西欧は、糞尿とゴミに埋め尽くされた"におう大陸"だった-想像を絶する衛生事情
  • 物乞いは、社会が認めた"職業"だった-中世の貧困層の実態 ほか)
  • 4 「聖書」と「神話」が西洋人に刻みこんだ"命"の意味-その信仰心から、血塗られた歴史の"深層"が見えてくる(神はなぜ、自らが創造した人間たちを"消去"してしまうのか-世界中にある洪水伝説
  • 神が創った最初の人間が「男」で、その後「女」が創られる不思議-人類創造神話の共通点 ほか)
  • 5 キリスト教が歩んだ凄惨な歴史といくたの「伝説」の謎-ユダヤ人迫害、マリア信仰、聖杯伝説…西洋の"心の歴史"を掘り起こす(キリスト教徒たちはなぜ、大迫害に対し"無抵抗"を貫いたのか-「殉教者」が果たした役割
  • ユダヤ人が手にしたパンは、ほんとうに"血を流した"か-ユダヤ人を迫害するキリスト教徒の"矛盾" ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血みどろの西洋史狂気の一〇〇〇年 : 魔女狩り、拷問、ペスト、異常性愛…中世ヨーロッパの「闇の時代」の真相に迫る!
著作者等 池上 英洋
書名ヨミ チミドロ ノ セイヨウシ キョウキ ノ センネン : マジョガリ ゴウモン ペスト イジョウ セイアイ チュウセイ ヨーロッパ ノ ヤミ ノ ジダイ ノ シンソウ ニ セマル
書名別名 Chimidoro no seiyoshi kyoki no sennen
シリーズ名 Kawade夢新書
出版元 河出書房新社
刊行年月 2007.11
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-309-50335-6
NCID BA83593220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21316595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想