ダイオキシンは怖くないという嘘

長山淳哉 著

ごみ焼却場などからのダイオキシン汚染が深刻化するなかで、汚染対策を強く求める国民の声に押されて、議員立法でダイオキシン対策法が成立、国もようやくここ10年、ダイオキシン対策に取り組んできた。ところが一方で、こうしたダイオキシン対策は無駄、ダイオキシン法は悪法であるとか、ダイオキシンは恐くない、といった論調の本が次々と出版され、新聞までもが好意的な評価を加える事態となっている。このままでは、ダイオキシン問題をミスリードしかねない。本書は、ダイオキシンは恐くない、環境ホルモン問題は空騒ぎ、ダイオキシン法は悪法という嘘を立証するため、その中心的論客である、中西準子(産業技術総合研究所化学物質リスク管理センター所長)、渡辺正(東京大学生産技術研究所教授)、林俊郎(目白大学人間社会学部教授)、安井至(国連大学副学長)ら各氏の論調を詳細に取り上げ、彼らの主張がいかに科学的に間違っているかを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ダイオキシンは空騒ぎか(中西氏のダイオキシンは怖くない根拠
  • 私の研究への中西氏の"批判" ほか)
  • 第2章 ダイオキシンは神話か(『ダイオキシン神話の終焉』への私の抗議
  • 問題のグラフ ほか)
  • 第3章 ダイオキシン専門家は嘘つきか(「サリンの数倍」
  • どういう理由で「嘘つき」呼ばわりするのか ほか)
  • 第4章 ある名誉毀損裁判(発端
  • 抗議と謝罪 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダイオキシンは怖くないという嘘
著作者等 長山 淳哉
書名ヨミ ダイオキシン ワ コワクナイ ト ユウ ウソ
出版元 緑風
刊行年月 2007.10
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8461-0715-4
NCID BA83475494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21312053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想