メディアは存在しない

斎藤環 著

メディアは人間を変えるのか?ラカン派精神医学の立場から、著者は「否」と答える。東浩紀、ジジェク、マクルーハン、西垣通、ルーマンらの諸説の検討、CG、アニメ、ブログ等の分析を通して、メディアと人間の関係を徹底思考。西垣通氏から著者への応答、東浩紀氏、大澤真幸氏との鼎談も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イデオロギーとしての「内破主義」
  • CGとフェティシズム
  • ジジェク的メディア論
  • マクルーハンの法則
  • ゴースト、あるいは複製に抗う残余
  • 起源(の不可能性)としてのDK、あるいは三囚人のゲーム
  • メディアのオートポイエーシス(前編)
  • メディアのオートポイエーシス(後編)-「基礎情報学」の批判的検討
  • メディア理論と「不気味な谷」
  • メディアは何を伝達しているか
  • メディアの不在、あるいは「顔」の転移

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアは存在しない
著作者等 斎藤 環
書名ヨミ メディア ワ ソンザイシナイ
書名別名 Media wa sonzaishinai
出版元 NTT
刊行年月 2007.10
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-0205-7
NCID BA83630371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21308160
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想