統計学の認識 : 基盤と方法

北川敏男 著

初版は1948年刊;参考文献: 483-488p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 新版への序 / p3
  • 序文 / p7
  • 第1編 統計学における法則定立
  • 第1章 統計学のあけぼの / p19
  • 第2章 古典確率論の構成 / p37
  • 第3章 統計万能時代の起伏 / p64
  • 第2編 統計学における記述と理論
  • 第4章 古典統計力学の理念 / p83
  • 第5章 記述統計学の文法 / p108
  • 第6章 経済統計学の計量 / p143
  • 第3編 実験統計学の基盤
  • 第7章 実験の計画 / p165
  • 第8章 大量生産の管理 / p185
  • 第9章 社会統計の認識 / p206
  • 第4編 近代統計学の構造
  • 第10章 確率論の公理 / p261
  • 第11章 近代統計数学の展開 / p302
  • 第12章 実験統計学の方法 / p357
  • 第5編 統計学の過去・現在・未来
  • 第13章 統計学の過去 / p411
  • 第14章 統計的認識の論理 / p428
  • 第15章 統計学の将来 / p453
  • 参考文献その他 / p483
  • 索引 / p489

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 統計学の認識 : 基盤と方法
著作者等 北川 敏男
書名ヨミ トウケイガク ノ ニンシキ : キバン ト ホウホウ
書名別名 Tokeigaku no ninshiki
出版元 白揚社
刊行年月 1968
版表示 新版
ページ数 496p
大きさ 22cm
NCID BN00864355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68009301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想