長安都市文化と朝鮮・日本

矢野建一, 李浩 編

[目次]

  • 地域空間と文学の古今変遷
  • 漢大賦に見える漢代長安の社会風俗と都市精神
  • 唐代詩人の寺院への遊覧と詩歌創作
  • 恵能とその碑銘の作者王維、柳宗元、劉禹錫
  • 長安道教の内道場について
  • 空海・橘逸勢の長安留学
  • 蘇軾と関中の名勝
  • 朝鮮本『薛仁貴伝』の形成様相
  • 日本古代の「郊祀之礼」と「大刀契」
  • 唐三彩陶からみた日唐交流史の研究
  • 鸚鵡の贈答-日本古代対外関係史研究の一齣
  • 『源氏物語』初音巻における明石の御方の手習歌-唐代における『毛詩』小雅・伐木篇解釈と日本でのその受容に基づいて
  • 日本書道と唐代書法の継承関係-源泉と支流と新潮流
  • 文学研究資料としての「古筆切」-日中両文学の交流を踏まえて
  • 九〇年代中国大陸の唐代文学研究
  • 韓国における東アジア史研究-唐と朝鮮半島との関係を中心として
  • 『隋唐文化研究基礎資料庫』の学術的価値

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長安都市文化と朝鮮・日本
著作者等 李 浩
矢野 建一
書名ヨミ チョウアン トシ ブンカ ト チョウセン ニホン
出版元 汲古書院
刊行年月 2007.9
ページ数 352, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7629-2817-8
NCID BA83187591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21306328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想