中華文明と中国のゆくえ

ワン・ガンウー 著 ; 加藤幹雄 訳

皇朝(皇帝による統治)の文明大国は旧文明を否定して出発した新中国へ、さらに文化大革命を経て改革開放へ-東アジアが力による競合の国際システムに投げ込まれた過去二百年、中国の経験した国家アイデンティティの大変動から何を学ぶか。東西の多文化社会の実践と矛盾を多く経験してきた華人歴史学者が、日本の読者に向けてマクロな視界から打ち出すメッセージ。国際文化教育交流財団(石坂財団)講演に大幅加筆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 伝統の評価
  • 第2章 近代国民国家への移行
  • 第3章 文明の再構築
  • 第4章 中国の地域的・国際的立場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中華文明と中国のゆくえ
著作者等 Wang, Gungwu
加藤 幹雄
王 賡武
ワン ガンウー
書名ヨミ チュウカ ブンメイ ト チュウゴク ノ ユクエ
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.9
ページ数 181p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-023841-0
NCID BA83196526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21308346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想