経営計算論

土岐政蔵 著

[目次]

  • 経営計算論 目次
  • 第一部 簿記・勘定組織
  • 第一章 経営算計制度の職能と分野 / p3
  • 第二章 シュマーレンバッハの複式簿記 / p15
  • 第三章 簿記希観書を求めて-シェアーとスガンチーニー- / p36
  • 第四章 工業簿記の目標 / p45
  • 第五章 工業簿記における勘定体系 / p53
  • 第六章 工業会計制度の発展 / p67
  • 第七章 コンテンラーメンの発展 / p80
  • 第八章 ポーランドのコンテンラーメン / p101
  • 第二部 損益計算
  • 第一章 囚われざる会計学 / p117
  • 第二章 シュマーレンバッハ先生の動的貸借対照表とは何か / p124
  • 第三章 動的貸借対照表論の生成 / p139
  • 第四章 経営成果計算における諸原則 / p157
  • 第五章 保守主義の原則と利益の隠蔽 / p170
  • 第六章 成果計算と引当金 / p179
  • 第七章 固定資産の取得原価 / p189
  • 第八章 手持品の評価 / p194
  • 第九章 貸借対照表価格と財生目録価格 / p200
  • 第三部 原価計算
  • 第一章 原価計算の本義-基準制定に期待するもの- / p211
  • 第二章 経営価値計算 / p218
  • 第三章 経営価値原価計算について / p227
  • 第四章 原価計算における評価 / p233
  • 第五章 月次損益計算 / p239
  • 第六章 合理化と短期経営計算 / p245
  • 第七章 原価計算の目的と計算価格 / p261
  • 第八章 ドイツにおける原価計算諸原則について / p269
  • 第九章 経営利益と景気利益 / p282
  • 第十章 計画原価計算 / p290
  • 第十一章 分権的経営管理と計画原価計算 / p306
  • 第十二章 経営部門の独立計算制 / p317
  • 第十三章 単独供給者制について / p325
  • 第十四章 バッテリーシステム / p333
  • 第十五章 平均原価計算と限界原価計算 / p346
  • 第十六章 費用効率の測定 / p357
  • 第十七章 引当金の原価性 / p367
  • 第四部 オイゲン・シュマーレンバッハ先生
  • オイゲン・シュマーレンバッハ先生 / p377

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経営計算論
著作者等 土岐 政蔵
書名ヨミ ケイエイ ケイサンロン
書名別名 Keiei keisanron
出版元 税務経理協会
刊行年月 1958
ページ数 406p 図版
大きさ 22cm
NCID BN07729686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58009806
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想