人間を守る読書

四方田犬彦 著

古典からサブカルチャーまで、今日の日本人にとってヴィヴィッドであるべき書物約155冊を紹介。「決して情報に還元されることのない思考」のすばらしさを読者に提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生のもの(エドワード・W・サイード『オリエンタリズム』
  • ジョー・サッコ『パレスチナ』
  • 若松孝二『時効なし。』 ほか)
  • 第2章 火を通したもの(黒澤明『蝦蟇の油』
  • 吉田健一
  • 平岡正明『昭和ジャズ喫茶伝説』 ほか)
  • 第3章 発酵したもの(マルクス・アウレーリウス『自省録』
  • ダンテ『神曲』
  • 今橋理子『江戸の動物画』、『手塚治虫のディズニー漫画バンビピノキオ』 ほか)
  • 第4章 読むことのアニマのための100冊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間を守る読書
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ ニンゲン オ マモル ドクショ
シリーズ名 文春新書
出版元 文芸春秋
刊行年月 2007.9
ページ数 321p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660592-7
NCID BA83112457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21302310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想