フランス近代美術史の現在 : ニュー・アート・ヒストリー以後の視座から

永井隆則 編

印象派をはじめとして、一般にも関心の高いフランス近代美術。一方、研究の場では芸術家の個別研究を越え、その歴史的、今日的意義を旧来の研究手法自体を批判しつつ再考する段階に来ている。気鋭のフランス近代美術研究者である執筆陣8人が示す、知的刺激に満ちた最先端研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • クールベ『石割り』の軌跡-政治と芸術
  • マネの切断-西洋絵画の脱構築
  • ドガとフェミニズム-その女性観と女性像の形成をめぐって
  • セザンヌの素描と身体-精神分析美術史を越えて
  • モネ『積みわら』連作の再考-モチーフ・「瞬間性」・個展
  • ロダン神話の解体と展望
  • ゴーギャンのプリミティヴィズム再考
  • マティス研究の現在から-二、三の批判的考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス近代美術史の現在 : ニュー・アート・ヒストリー以後の視座から
著作者等 三浦 篤
六人部 昭典
天野 知香
平石 昌子
廣田 治子
永井 隆則
稲賀 繁美
高橋 幸次
書名ヨミ フランス キンダイ ビジュツシ ノ ゲンザイ : ニュー アート ヒストリー イゴ ノ シザ カラ
書名別名 Situation actuelle de l'histoire de l'art moderne français

Furansu kindai bijutsushi no genzai
出版元 三元社
刊行年月 2007.8
ページ数 322p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88303-204-4
NCID BA82877390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21380276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想