ひきこもりの社会学

井出草平 著

人はどのように「ひきこもり」に至るのか。今や数十万人規模で存在するとみられる「ひきこもり」。そこに至るプロセスには、ひとつの共通項がある。経験者への丹念なインタビューと、不登校・ニートの考察を通して、その実態と原因を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経験者からの聞き取り-菅原さんのケースから
  • 第2章 「ひきこもり」とは何か
  • 第3章 「ひきこもり」の分析と定義
  • 第4章 高卒以前の「ひきこもり」
  • 第5章 大学での「ひきこもり」
  • 第6章 逸脱の恩寵と報い
  • 終章 結語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひきこもりの社会学
著作者等 井出 草平
書名ヨミ ヒキコモリ ノ シャカイガク
書名別名 Hikikomori no shakaigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2007.9
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1277-0
NCID BA82826436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21295921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想