オオカミ : その行動・生態・神話

エリック・ツィーメン 著 ; 今泉みね子 訳

バイエルン森国立公園の広い囲い地で飼育されたオオカミの繁殖行動、成長、社会行動、コミュニケーションなどを綿密に記載し、イタリアの山地に生息する野生オオカミの生態を報告するとともに、オオカミと人間の関わりあいの歴史をもドラマティックに描き、保護対策にも触れている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • オオカミ-最上級の動物
  • 最初はアンファだった
  • 行動の発達
  • オオカミの「ことば」
  • 順位
  • 順位の発展
  • 性、交尾、子育て
  • 順位の機能
  • 群れの結びつき、まとまり、統率
  • 社会的戦略の適応的価値
  • オオカミの生態に寄せて
  • アブルッツィのオオカミ
  • オオカミー-崇拝され、誤解され、誹謗され

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オオカミ : その行動・生態・神話
著作者等 Zimen, Erik
今泉 みね子
ツィーメン エリック
書名ヨミ オオカミ : ソノ コウドウ セイタイ シンワ
書名別名 Der Wolf

Ookami
出版元 白水社
刊行年月 2007.9
版表示 新装版.
ページ数 493, 10p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-04077-5
NCID BA83141830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21294110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想